ホーム > 講座詳細

フィンセント・ファン・ゴッホ
《ひまわり》
1888年 油彩・カンヴァス 92.1×73cm
©The National Gallery, London. Bought, Courtauld Fund, 1924

【オンライン講座】ルネサンスから印象派まで、西洋美術の傑作を堪能する
~ロンドン・ナショナル・ギャラリー展の見どころ~

日 時 2020年8月13日(木)〜 動画公開
講 師 齊藤 裕之(美術家、有限会社ロイヤルアートスクール 代表取締役)
参加費 無料

<斎藤先生からのメッセージ>

皆さま、こんにちは。ロイヤルアートスクールの斎藤です。
いつも美術展の前に、その美術展をより楽しく見られるような内容のセミナーを開催していますが
今回は配信形式でセミナーを行いたいと思います。

2020年6月18日〜10月18日まで東京・国立西洋美術館で開催中の
『ロンドン・ナショナルギャラリー展』の見どころをスライド形式でわかりやすく解説します。
今展覧会は60点に及ぶ出品作で、イタリアルネサンスからセザンヌまで
約400年に渡る西洋絵画の変遷をわかりやすく展覧できる構成となっています。

今回はその出品作品の中から40点ほどをピックアップして解説しています。
実際の展覧会では7つのブースに分かれた構成になっていますが、
解説もその形式に沿って行っております。動画本数は全部で4本です。
既に展覧された方も、これから見に行かれる方も出品作品と西洋美術の理解を深めるために
是非ご視聴のほどよろしくお願い申し上げます。

【ロンドン・ナショナル・ギャラリー展(日時指定制)】
■会場:国立西洋美術館
■会期:2020年6月18日(木)〜2020年10月18日(日)
出品リスト(PDFファイル 約260KB)

Section 1

《イタリア・ルネサンス絵画の収集》
・ウッチェロ
・ティツィアーノ 他


パオロ・ウッチェロ
《聖ゲオルギウスと竜》
1470年頃 油彩・カンヴァス 55.6 x 74.2 cm
©The National Gallery, London. Bought with a special grant and contributions from the Phillot and Temple-West Funds, 1959

Section 2

《オランダ絵画の黄金時代》
 ・レンブラント
 ・フェルメール 他
《ヴァン・ダイクとイギリス肖像画》
 ・ジョシュア・レノルズ 他


左:レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン
《34歳の自画像》
1640年 油彩・カンヴァス 91 x 75 cm
©The National Gallery, London. Bought, 1861

右:ヨハネス・フェルメール
《ヴァージナルの前に座る若い女性》
1670-72年頃 油彩・カンヴァス 51.5 x 45.5 cm
©The National Gallery, London. Salting Bequest, 1910

Section 3

《グランド・ツアー》
 ・カナレット 他
《スペイン絵画の発見》
 ・ゴヤ
 ・ベラスケス 他
《風景画とピクチャレスク》
 ・ターナー 他

ディエゴ・ベラスケス
《マルタとマリアの家のキリスト》
1618年頃 油彩・カンヴァス 60 x 103.5 cm
©The National Gallery, London. Bequeathed by Sir William H. Gregory, 1892

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー
《ポリュフェモスを嘲るオデュッセウス》
1829年 油彩・カンヴァス 132.5 x 203 cm
©The National Gallery, London. Turner Bequest, 1856

Section 4

《イギリスにおけるフランス近代美術受容》
・モネ
・ゴッホ 他

アンケートにご協力ください

ワーカーズフォーラムMOC
齊藤 裕之

■講師プロフィール

齊藤 裕之

有限会社ロイヤルアートスクール 代表取締役
武蔵野美術大学造形学部油絵科卒
柏青会展、青嶺会展などに出品
古典絵画、絵画技術の研究を中心に活動

ロイヤルアートスクール:http://www.artschool.jp/

ワーカーズフォーラムMOC

■過去講座

◆2012.07.03
フェルメール、レンブラントの神秘
~17世紀フランドル絵画の輝き~

◆2012.10.16
メトロポリタン美術館展 西洋美術の変遷
~自然主義から精神のビジョンへの展開~

◆2013.05.28
レオナルドの求めた美
~素描・油彩の卓越した技巧~

◆2013.10.08
大気と光のハーモニー
~英国随一の風景画の巨匠、『ターナー展』の見どころ~

◆2014.02.17
印象派の世紀 -風景画の変遷と革新-
~『モネ、風景をみる眼―19世紀フランス風景画の革新』のみどころ~

◆2014.07.29
伝統と革新 -フランス19世紀絵画の魅力-
~『オルセー美術館展 印象派の誕生-描くことの自由-』のみどころ~

◆2014.09.18
西洋が驚愕した浮世絵の魅力
~『ボストン美術館浮世絵名品展 北斎』のみどころ~

◆2015.04.21
名画鑑賞術、風俗画のおもしろさ
~『ルーヴル美術館展 日常を描く—風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄』のみどころ~

◆2015.09.29
印象派の巨匠、モネの魅力を解き明かす
~『マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展』のみどころ~

◆2016.02.22
ルネサンスの輝き ボッティチェリの画業と生涯
~『ボッティチェリ展』のみどころ~

◆2016.05.24
まばゆい画肌、ルノワール作品の魅力
~『オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展』のみどころ~

◆2016.09.27
シュルレアリスムとダリの魅力
~スペインが生んだ奇才『ダリ展』のみどころ~

◆2016.10.25
ゴッホの情熱、ゴーギャンの神秘
~『ゴッホとゴーギャン展』のみどころ~

◆2017.11.08
北斎の独創と印象派美術
~西洋に与えた衝撃『北斎とジャポニスム展』のみどころ~

◆2018.05.22
フランス風景画に見る西洋美術の輝き
~プーシキン美術館展の見どころ~

◆2018.10.16
フェルメールとオランダ黄金世紀絵画の輝き
~フェルメール作品8点が集結!『フェルメール展』の見どころ~

◆2019.05.21
ウィーン世紀末美術とジャポニスム
~没後100年・過去最大級 『クリムト展』の見どころ~

◆2019.11.19
ハプスブルクコレクションの多様な展開
〜600年にわたる帝国コレクションの歴史 『ハプスブルク展』の見どころ〜

ページトップ