ホーム > 過去の講座 > 講座詳細

グスタフ・クリムト
『ユディトⅠ』
1901年 油彩、カンヴァス 84×42cm
ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館
© Belvedere, Vienna, Photo : Johannes Stoll

ウィーン世紀末美術とジャポニスム
~没後100年・過去最大級 『クリムト展』の見どころ~

満席 お申し込みを受け付けておりますがキャンセル待ちとなります。
日 時 2019年5月21日(火)18:30~20:30
講 師 齊藤 裕之(美術家、有限会社ロイヤルアートスクール 代表取締役)
定 員 45名
場 所 ゲートシティホール ルームB
参加費 1,000円(ゲートシティ大崎入居企業にお勤めのWF-MOC会員の方)
1,500円(三井不動産が運営するビルにお勤めで、WF-MOCメルマガ登録の方)

退廃と終末感が漂う19世紀末のヨーロッパは、芸術の支持者も貴族から大衆にまで広がり、
古い伝統にとらわれない表現が模索された時期でもありました。

クリムトの没後100年を記念した今展では、代表作はもちろん
初期の美しい自然主義的作品、好んで多く描いたアッター湖畔の風景など
珠玉の名品が一同に会します。

同時期に国立新美術館で開催される『ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道』に
出品される主要な作品も含め、ウィーン世紀末美術の魅力や
大きな影響を与えたとされる日本美術との関係をスライドを使ってわかりやすく解説します。


【クリムト展 】

■会場:東京都美術館
■会期:2019年4月23日(火)~2019年7月10日(水)

左:グスタフ・クリムト
『女の三世代』
1905年 油彩、カンヴァス 171×171 cm
ローマ国立近代美術館
Galleria Nazionale d’Arte Moderna e Contemporanea , Roma

右:グスタフ・クリムト
『ヘレーネ・クリムトの肖像』
1898年 油彩、厚紙 59.7×49.9 cm
個人蔵(ベルン美術館寄託)
Kunstmuseum Bern, loan from private collection
左:グスタフ・クリムト
『アッター湖畔のカンマー城III』
1909/1910年 油彩、カンヴァス 110×110cm
ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館
© Belvedere, Vienna, Photo : Johannes Stoll

右:グスタフ・クリムト
『マリー・ヘンネベルクの肖像』
1901/1902年 油彩、カンヴァス 140×140cm
ザクセン=アンハルト財団、モーリッツブルク・ハレ州立美術館
Kulturstiftung Sachsen-Anhalt, Kunstmuseum Moritzburg Halle(Saale), Germany
グスタフ・クリムト
『雨後(鶏のいるザンクトアガータの庭)』
1898年 油彩、カンヴァス 80×40 cm
ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館
© Belvedere, Vienna, Photo : Johannes Stoll
ワーカーズフォーラムMOC
齊藤 裕之

■講師プロフィール

齊藤 裕之

有限会社ロイヤルアートスクール 代表取締役
武蔵野美術大学造形学部油絵科卒
柏青会展、青嶺会展などに出品
古典絵画、絵画技術の研究を中心に活動

ロイヤルアートスクール:http://www.artschool.jp/

ワーカーズフォーラムMOC

■過去講座

◆2012.07.03
フェルメール、レンブラントの神秘
~17世紀フランドル絵画の輝き~

◆2012.10.16
メトロポリタン美術館展 西洋美術の変遷
~自然主義から精神のビジョンへの展開~

◆2013.05.28
レオナルドの求めた美
~素描・油彩の卓越した技巧~

◆2013.10.08
大気と光のハーモニー
~英国随一の風景画の巨匠、『ターナー展』の見どころ~

◆2014.02.17
印象派の世紀 -風景画の変遷と革新-
~『モネ、風景をみる眼―19世紀フランス風景画の革新』のみどころ~

◆2014.07.29
伝統と革新 -フランス19世紀絵画の魅力-
~『オルセー美術館展 印象派の誕生-描くことの自由-』のみどころ~

◆2014.09.18
西洋が驚愕した浮世絵の魅力
~『ボストン美術館浮世絵名品展 北斎』のみどころ~

◆2015.04.21
名画鑑賞術、風俗画のおもしろさ
~『ルーヴル美術館展 日常を描く—風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄』のみどころ~

◆2015.09.29
印象派の巨匠、モネの魅力を解き明かす
~『マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展』のみどころ~

◆2016.02.22
ルネサンスの輝き ボッティチェリの画業と生涯
~『ボッティチェリ展』のみどころ~

◆2016.05.24
まばゆい画肌、ルノワール作品の魅力
~『オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展』のみどころ~

◆2016.09.27
シュルレアリスムとダリの魅力
~スペインが生んだ奇才『ダリ展』のみどころ~

◆2016.10.25
ゴッホの情熱、ゴーギャンの神秘
~『ゴッホとゴーギャン展』のみどころ~

◆2017.11.08
北斎の独創と印象派美術
~西洋に与えた衝撃『北斎とジャポニスム展』のみどころ~

◆2018.05.22
フランス風景画に見る西洋美術の輝き
~プーシキン美術館展の見どころ~

◆2018.10.16
フェルメールとオランダ黄金世紀絵画の輝き
~フェルメール作品8点が集結!『フェルメール展』の見どころ~

ページトップ