ホーム > 講座詳細

左:エドガー・ドガ
《踊り子たち、ピンクと緑》
1894年 パステル、紙(ボード裏 打)
66x47cm 吉野石膏株式会社
(山形美術館寄託)

右:葛飾北斎
『北斎漫画』十一編
(約23x16cmの部分) 刊年不詳
浦上蒼穹堂
お申し込みはこちらから
MOC会員の方はこちらから
三井不動産が運営するビルにお勤めの方はこちらから
  • ※定員に達している場合、キャンセル待ちとなりますのでご了承ください。

【お支払いについて】

次の電子マネーをご利用くださいますようお願いいたします。
現金のお取り扱いはいたしませんのでご了承ください。

◆楽天Edy
◆交通系IC(Suica、PASMO 他)
◆nanaco

【参加費お支払い後のキャンセルについて】

キャンセル料、振込手数料を差し引いて振込みにてご返金いたします。

北斎の独創と印象派美術
~西洋に与えた衝撃『北斎とジャポニスム展』のみどころ~

満席 お申し込みを受け付けておりますがキャンセル待ちとなります。
日 時 2017年11月8日(水)18:30~20:30
講 師 齊藤 裕之(美術家、有限会社ロイヤルアートスクール 代表取締役)
定 員 30名
場 所 ゲートシティホール ルームB
参加費 1,000円(ゲートシティ大崎入居企業にお勤めのWF-MOC会員の方)
1,500円(三井不動産が運営するビルにお勤めで、WF-MOCメルマガ登録の方)

ルネサンス以来、人間本来の在り方を重視して展開してきた西洋美術も
19世紀に入ると革新を目指す気鋭の画家達が多く登場してきました。
時を同じくして日本では長かった鎖国が終焉し
開国とともに広く西洋に日本美術が知られるようになりました。

中でも“北斎”の作品は、構図、視点、テーマの多様さにおいて
当時の西洋美術の常識を覆す斬新さで受け入れられ
『ジャポニスム』流行の起爆剤となりました。

北斎が当時のヨーロッパの画家達に与えた影響がいかに大きかったか
スライドを中心に読み解いていきます。


【北斎とジャポニスム展】

■会場:国立西洋美術館(東京・上野公園)
■会期:2017年10月21日(土)~2018年1月28日(日)

左:クロード・モネ
《陽を浴びるポプラ並木》
1891年 油彩、カンヴァス 93 x 73.5cm 国立西洋美術館(松方コレクション)

右:葛飾北斎
《冨嶽三十六景 東海道程ヶ谷》
天保元-4年(1830-33)頃 横大判錦絵 26 x 38cm ミネアポリス美術館
Minneapolis Institute of Art, Bequest of Richard P. Gale 74.1.237 Photo: Minneapolis Institute of Art

左:ポール・セザンヌ
《サント=ヴィクトワール山》
1886-87年 油彩、カンヴァス 59.7x72.4cm フィリップス・コレクション、ワシントンD.C.
The Phillips Collection, Washington, D.C.

右:葛飾北斎
《冨嶽三十六景 駿州片倉茶園ノ不二》
天保元-2年(1830-31)頃 横大判錦絵 25x37cm オーストリア応用美術館、ウィーン MAK
– Austrian Museum of Applied Arts / Contemporary Art, Vienna Photo: ©MAK / Georg Mayer

左:ジョルジュ・スーラ
《とがったオック岬、グランカン》
1885年 油彩、カンヴァス 84x100cm テート、ロンドン
Tate : Purchased 1952 ©Tate,London 2017

右:葛飾北斎
《おしをくりはとうつうせんのづ》
文化初期(1804-07)頃 横中判錦絵 約20x27cm 名古屋市博物館


ワーカーズフォーラムMOC
齊藤 裕之

■講師プロフィール

齊藤 裕之

有限会社ロイヤルアートスクール 代表取締役
武蔵野美術大学造形学部油絵科卒
柏青会展、青嶺会展などに出品
古典絵画、絵画技術の研究を中心に活動

ロイヤルアートスクール:http://www.artschool.jp/

ワーカーズフォーラムMOC

■過去講座

◆2012.07.03
フェルメール、レンブラントの神秘
~17世紀フランドル絵画の輝き~

◆2012.10.16
メトロポリタン美術館展 西洋美術の変遷
~自然主義から精神のビジョンへの展開~

◆2013.05.28
レオナルドの求めた美
~素描・油彩の卓越した技巧~

◆2013.10.08
大気と光のハーモニー
~英国随一の風景画の巨匠、『ターナー展』の見どころ~

◆2014.02.17
印象派の世紀 -風景画の変遷と革新-
~『モネ、風景をみる眼―19世紀フランス風景画の革新』のみどころ~

◆2014.07.29
伝統と革新 -フランス19世紀絵画の魅力-
~『オルセー美術館展 印象派の誕生-描くことの自由-』のみどころ~

◆2014.09.18
西洋が驚愕した浮世絵の魅力
~『ボストン美術館浮世絵名品展 北斎』のみどころ~

◆2015.04.21
名画鑑賞術、風俗画のおもしろさ
~『ルーヴル美術館展 日常を描く—風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄』のみどころ~

◆2015.09.29
印象派の巨匠、モネの魅力を解き明かす
~『マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展』のみどころ~

◆2016.02.22
ルネサンスの輝き ボッティチェリの画業と生涯
~『ボッティチェリ展』のみどころ~

◆2016.05.24
まばゆい画肌、ルノワール作品の魅力
~『オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展』のみどころ~

◆2016.09.27
シュルレアリスムとダリの魅力
~スペインが生んだ奇才『ダリ展』のみどころ~

◆2016.10.25
ゴッホの情熱、ゴーギャンの神秘
~『ゴッホとゴーギャン展』のみどころ~

ページトップ