ホーム > 過去の講座 > 講座詳細
イメージ
クロード・モネ 『印象、日の出』
1872年 油彩/カンヴァス
Musee Marmottan Monet, Paris
© Christian Baraja

印象派の巨匠、モネの魅力を解き明かす
~『マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展』のみどころ~

満席 お申し込みを受け付けておりますがキャンセル待ちとなります。
日 時 2015年9月29日(火)18:30~20:30
講 師 齊藤 裕之(美術家、有限会社ロイヤルアートスクール 代表取締役)
定 員 30名
場 所 ゲートシティホール ルームB
参加費 1,000円(ゲートシティ大崎入居企業にお勤めのWF-MOC会員の方)
1,500円(三井不動産が運営するビルにお勤めで、WF-MOCメルマガ登録の方)

マルモッタン・モネ美術館が誇る、モネ自身が最後まで手放さなかった作品群と
貸し出されることが稀なド・ベリオ・コレクションの中から
不朽の名作『印象、日の出』を中心とした貴重な作品群について
印象派誕生のいきさつからその後の展開に触れながら
わかりやすく解説いたします。

モネが印象派の中の印象派として不動の地位を成した理由を
交友関係・家族・モネ自身の収集品等から解き明かしていきます。

印象派とモネが秘めた意外な革新性に新たな鑑賞の楽しみが広がるセミナーです。


【マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展】

■会場:東京都美術館
■会期:2015年9月19日(土)〜12月13日(日)

イメージイメージ
クロード・モネ
『雪の効果、日没』
1875年 油彩/カンヴァス
Musee Marmottan Monet, Paris
© Bridgeman-Giraudon
クロード・モネ
『睡蓮』
1903年 油彩/カンヴァス
Musee Marmottan Monet, Paris
© Bridgeman-Giraudon

イメージイメージイメージ
クロード・モネ
『ボンボン付きの帽子をかぶったミシェル・モネの肖像』
1880年 油彩/カンヴァス
Musee Marmottan Monet, Paris
© Bridgeman-Giraudon
クロード・モネ
『ヨーロッパ橋、サン=ラザール駅』
1877年 油彩/カンヴァス
Musee Marmottan Monet, Paris
© Bridgeman-Giraudon


クロード・モネ
『バラの小道、ジヴェルニー』
1920-22年 油彩/カンヴァス
Musee Marmottan Monet, Paris
© Bridgeman-Giraudon




*《印象、日の出》東京展 9月19日(土)~10月18日(日)展示
*《ヨーロッパ橋、サン=ラザール駅》東京展 10月20日(火)~12月13日(日)展示

ワーカーズフォーラムMOC
齊藤 裕之

■講師プロフィール

齊藤 裕之

有限会社ロイヤルアートスクール 代表取締役
武蔵野美術大学造形学部油絵科卒
柏青会展、青嶺会展などに出品
古典絵画、絵画技術の研究を中心に活動

ロイヤルアートスクール:http://www.artschool.jp/

ワーカーズフォーラムMOC

■過去講座

◆2012.07.03
フェルメール、レンブラントの神秘
~17世紀フランドル絵画の輝き~

◆2012.10.16
メトロポリタン美術館展 西洋美術の変遷
~自然主義から精神のビジョンへの展開~

◆2013.05.28
レオナルドの求めた美
~素描・油彩の卓越した技巧~

◆2013.10.08
大気と光のハーモニー
~英国随一の風景画の巨匠、『ターナー展』の見どころ~

◆2014.02.17
印象派の世紀 -風景画の変遷と革新-
~『モネ、風景をみる眼―19世紀フランス風景画の革新』のみどころ~

◆2014.07.29
伝統と革新 -フランス19世紀絵画の魅力-
~『オルセー美術館展 印象派の誕生-描くことの自由-』のみどころ~

◆2014.09.18
西洋が驚愕した浮世絵の魅力
~『ボストン美術館浮世絵名品展 北斎』のみどころ~

◆2015.04.21
名画鑑賞術、風俗画のおもしろさ
~『ルーヴル美術館展 日常を描く—風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄』のみどころ~

ページトップ