ホーム > 過去の講座 > 講座詳細
イメージ
ヨハネス・フェルメール『天文学者』
1668年 油彩/カンヴァス

名画鑑賞術、風俗画のおもしろさ
~『ルーヴル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄』のみどころ~

満席 お申し込みを受け付けておりますがキャンセル待ちとなります。
日 時 2015年4月21日(火)18:30~20:30
講 師 齊藤 裕之(美術家、有限会社ロイヤルアートスクール 代表取締役)
定 員 30名
場 所 ゲートシティホール ルームB
参加費 1,000円(ゲートシティ大崎入居企業にお勤めのWF-MOC会員の方)
1,500円(三井不動産が運営するビルにお勤めで、WF-MOCメルマガ登録の方)

ルーヴル美術館が誇る膨大な名画コレクションの中から
特に各時代における日常の人物・事物をテーマに描いた『風俗画』の展覧会。

人物、歴史・宗教画等の他ジャンルとの比較を交えて
ヨーロッパ絵画の各時代の様式が浮き彫りになります。
フェルメールの『天文学者』はもちろん、ルーヴルが誇る“通”好みの作品の見所をわかりやすく解説。

展覧会の鑑賞が新鮮な視点で出来ること間違いなし、のセミナーです。


【ルーヴル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄】

■会場:国立新美術館
■会期:2015年2月21日(土)~6月1日(月)

イメージイメージイメージ
クエンティン・マセイス
『両替商とその妻』
1514年 油彩/板
photo © RMN-Grand Palais
(musee du louvre)/
Gerard-Blot/
distributed by AMF
ティツアーノ
『鏡の前の女』
1515年 油彩/カンヴァス
photo © RMN-Grand Palais
(musee du louvre)/
Rene-Gabriel Ojeda/
distributed by AMF
レンブラント
『聖家族』または、『指物師の家族』
1640年 油彩/板
photo © RMN-Grand Palais
(musee du louvre)/
Herve-Lewandowski/
distributed by AMF

イメージイメージイメージ
バルトロメ・エステバン・ムリーリョ
『物乞いの少年(蚤をとる少年)』
1647-1648年頃 油彩/カンヴァス
photo © RMN-Grand Palais
(musee du louvre)/
Stephane-Marechalle/
distributed by AMF
ピーテル・デ・ホーホ
『酒を飲む女』
1658年 油彩/カンヴァス
photo © RMN-Grand Palais
(musee du louvre)/
Jean-Gilles Berizzi/
distributed by AMF
ジャン・シメオン・シャルダン
『猿の画家』
1739-1740年頃 油彩/カンヴァス
photo © RMN-Grand Palais
(musee du louvre)/
Rene-Gabriel Ojeda/
distributed by AMF

ワーカーズフォーラムMOC
齊藤 裕之

■講師プロフィール

齊藤 裕之

有限会社ロイヤルアートスクール 代表取締役
武蔵野美術大学造形学部油絵科卒
柏青会展、青嶺会展などに出品
古典絵画、絵画技術の研究を中心に活動

ロイヤルアートスクール:http://www.artschool.jp/

ワーカーズフォーラムMOC

■過去講座

◆2012.07.03
フェルメール、レンブラントの神秘
~17世紀フランドル絵画の輝き~

◆2012.10.16
メトロポリタン美術館展 西洋美術の変遷
~自然主義から精神のビジョンへの展開~

◆2013.05.28
レオナルドの求めた美
~素描・油彩の卓越した技巧~

◆2013.10.08
大気と光のハーモニー
~英国随一の風景画の巨匠、『ターナー展』の見どころ~

◆2014.02.17
印象派の世紀 -風景画の変遷と革新-
~『モネ、風景をみる眼―19世紀フランス風景画の革新』のみどころ~

◆2014.07.29
伝統と革新 -フランス19世紀絵画の魅力-
~『オルセー美術館展 印象派の誕生-描くことの自由-』のみどころ~

◆2014.09.18
西洋が驚愕した浮世絵の魅力
~『ボストン美術館浮世絵名品展 北斎』のみどころ~

ページトップ