ホーム > 過去の講座 > 講座詳細
イメージ
「睡蓮」1916年 油彩
キャンバス 200.5 x 201cm
国立西洋美術館、松方コレクション

印象派の世紀 -風景画の変遷と革新-
~『モネ、風景をみる眼―19世紀フランス風景画の革新』のみどころ~

満席 お申し込みを受け付けておりますがキャンセル待ちとなります。
日 時 2014年2月17日(月)18:30~20:30
講 師 齊藤 裕之(美術家、有限会社ロイヤルアートスクール 代表取締役)
定 員 30名
場 所 ゲートシティホール ルームB
参加費 1,000円(ゲートシティ大崎入居企業にお勤めのWF-MOC会員の方)
1,500円(三井不動産が運営するビルにお勤めで、WF-MOCメルマガ登録の方)

“印象派”と一口に言っても、どこがどうすごいのか、
代表的な画家であるモネの作品を中心に
その源流から新印象主義への発展の変遷を紹介します。

豊富なスライドに加えて、画材を用いて実演しながら
描き手ならではの視点でわかりやすく解説いたします。

展覧会での作品鑑賞の楽しみが増すセミナーです。

【モネ、風景をみる眼―19世紀フランス風景画の革新】

■会場:国立西洋美術館
■会期:2014年3月9日(日)まで

イメージイメージ
「陽を浴びるポプラ並木」
クロード・モネ 1891年
油彩 キャンバス
93×73.5cm 国立西洋美術館
松方コレクション
「チャーリングクロス橋、ロンドン」
クロード・モネ 1902年
油彩 キャンバス
65.3×100cm
国立西洋美術館、松方コレクション

イメージイメージ
「セーヌ河の朝」
クロード・モネ 1898年
油彩 キャンバス
73×91.5cm 国立西洋美術館
「舟遊び」 クロード・モネ
1887年 油彩 キャンバス
145.5×133.5cm
国立西洋美術館、松方コレクション
ワーカーズフォーラムMOC
齊藤 裕之

■講師プロフィール

齊藤 裕之

有限会社ロイヤルアートスクール 代表取締役
武蔵野美術大学造形学部油絵科卒
柏青会展、青嶺会展などに出品
古典絵画、絵画技術の研究を中心に活動

ロイヤルアートスクール:http://www.artschool.jp/

ワーカーズフォーラムMOC

■過去講座

◆2012.07.03
フェルメール、レンブラントの神秘
~17世紀フランドル絵画の輝き~

◆2012.10.16
メトロポリタン美術館展 西洋美術の変遷
~自然主義から精神のビジョンへの展開~

◆2013.05.28
レオナルドの求めた美
~素描・油彩の卓越した技巧~

◆2013.10.08
大気と光のハーモニー
~英国随一の風景画の巨匠、『ターナー展』の見どころ~

ページトップ