ホーム > 過去の講座 > 講座詳細
伊勢神宮
伊勢神宮

伊勢神宮の建築
~遷宮と美の原理~

満席 お申し込みを受け付けておりますがキャンセル待ちとなります。
日 時 2013年10月16日(水)18:30~20:30
講 師 松崎 照明(日本建築意匠研究所代表)
定 員 40名
場 所 ゲートシティホール ルームB
参加費 1,000円(ゲートシティ大崎入居企業にお勤めのWF-MOC会員の方)
1,500円(三井不動産が運営するビルにお勤めで、WF-MOCメルマガ登録の方)

正式には、ただ「神宮(じんぐう)」と呼ばれる伊勢神宮は
日本書紀にも記録された古い神社で
神を祀る建物である正殿の形がわかる日本最古の神社です。

現在の建物と奈良時代の記録を比較すると
ほぼ同じ形が現代まで引き継がれていることがわかります。

ところが、この神社は20年に一度建て替えられ
今年、平成25年に61回目の建て替えが行われます。

これを中世以来「遷宮(せんぐう)」と言っていますが、この講座では
なぜこのような形式が生まれたのか、それが現代まで引き継がれたのはなぜか
実際の神宮参詣では、何を、どのように見るのかなど
日本の神宮(かみのみや)の原型を残す伊勢神宮の秘密と見方について解説します。

ワーカーズフォーラムMOC

■講師プロフィール

松崎 照明

日本建築意匠研究所代表
明治大学大学院 兼任講師
武蔵野美術大学 非常勤講師
博士(工学)、一級建築士

著作に『修復の手帖』文化財建造物保存技術協会、『日本建築様式史』美術出版、
『ケンチク雑学王』彰国社、『住宅スタイルブック』INAX出版 以上共著など

ワーカーズフォーラムMOC

■過去講座

◆2010.02.24
日本建築の美を巡る~伊勢神宮と出雲大社~

◆2011.10.24
日本の国宝建築が知りたい -日本建築の見方・楽しみ方-
~第1回 総論、寺院建築の見方~

◆2011.11.14
日本の国宝建築が知りたい -日本建築の見方・楽しみ方-
~第2回 住宅建築の見方~

◆2012.05.22
日本建築の美を巡る 1 ~東京の必見建築~

◆2012.11.14
日本建築の美を巡る 2 ~京都古建築の美 東山逍遙 1~

◆2012.11.27
日本建築の美を巡る 2 ~京都古建築の美 東山逍遙 2~

ページトップ