ホーム > 過去の講座 > 講座詳細
イメージ
「平和―水葬」1842年 油彩 カンヴァス
87×86.5 cm テート美術館蔵

大気と光のハーモニー
~英国随一の風景画の巨匠、『ターナー展』の見どころ~

満席 お申し込みを受け付けておりますがキャンセル待ちとなります。
日 時 2013年10月8日(火)18:30~20:30
講 師 齊藤 裕之(美術家、有限会社ロイヤルアートスクール 代表取締役)
定 員 30名
場 所 ゲートシティホール ルームB
参加費 1,000円(ゲートシティ大崎入居企業にお勤めのWF-MOC会員の方)
1,500円(三井不動産が運営するビルにお勤めで、WF-MOCメルマガ登録の方)

ジョセフ・マロード・ウィリアム・ターナー[英:1775-1851]は
ルネサンス以降、近代絵画史における風景画のジャンルにおいて
前人未踏の表現を獲得した巨匠です。

大気と光の織りなす濃密なドラマ、抑制された色調を抜群の技巧で
光の輝きにまで高める劇的な表現・・・。

印象派の画家達に強い影響を与えた油彩画の魅力や
世界最高の水彩画家とも言われるテクニックの実際を
描き手の立場からわかりやすく解説いたします。

展覧会の内容をより深く理解し、楽しむために必須のセミナーです。

【ターナー展】

■会場:東京都美術館
■会期:2013年10月8日(火)~ 12月18日(水)

ワーカーズフォーラムMOC
齊藤 裕之

■講師プロフィール

齊藤 裕之

有限会社ロイヤルアートスクール 代表取締役
武蔵野美術大学造形学部油絵科卒
柏青会展、青嶺会展などに出品
古典絵画、絵画技術の研究を中心に活動

ロイヤルアートスクール:http://www.artschool.jp/

ワーカーズフォーラムMOC

■過去講座

◆2012.07.03
フェルメール、レンブラントの神秘
〜17世紀フランドル絵画の輝き〜

◆2012.10.16
メトロポリタン美術館展 西洋美術の変遷
~自然主義から精神のビジョンへの展開~

◆2013.05.28
レオナルドの求めた美
~素描・油彩の卓越した技巧~

ページトップ