ホーム > 過去の講座 > 講座詳細
イメージ
レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452-1519)作
「音楽家の肖像」 1485年頃 油彩・板 40×30cm
アンブロジアーナ図書館蔵

レオナルドの求めた美
~素描・油彩の卓越した技巧~

満席 お申し込みを受け付けておりますがキャンセル待ちとなります。
日 時 2013年5月28日(火)18:30~20:30
講 師 齊藤 裕之(美術家、有限会社ロイヤルアートスクール 代表取締役)
定 員 30名
場 所 ゲートシティホール ルームB
参加費 1,000円(ゲートシティ大崎入居企業にお勤めのWF-MOC会員の方)
1,500円(三井不動産が運営するビルにお勤めで、WF-MOCメルマガ登録の方)

「万能の天才」としてあまりにも有名なレオナルド・ダ・ヴィンチ。

その業績の中でも、とりわけ画業においては“最も偉大な画家”として
現代に至るまでゆるぎなく称されます。
現存する絵画作品が十数点ながらこれほど讃えられるのは何故か?

 

2013年4月23日~6月30日まで東京都美術館で開催される
「レオナルド・ダ・ヴィンチ展―天才の肖像」。
展覧会を鑑賞するにあたって是非知っておきたいポイントを
スライドやデモンストレーションを通してわかりやすくレクチャーいたします。

特に現代では一般的には行われない素描技術「シルバーポイント」の実演や
油彩画で到達した輪郭線のぼかし技法「スフマート」も当時の材料を通して解説。
現在ではあまり知られていない500年前の絵画技術に迫ります。

普段なかなか見ることの出来ない古典絵画の技術は
展覧会鑑賞をより深いものにしてくれることでしょう。

ワーカーズフォーラムMOC
齊藤 裕之

■講師プロフィール

齊藤 裕之

有限会社ロイヤルアートスクール 代表取締役
武蔵野美術大学造形学部油絵科卒
柏青会展、青嶺会展などに出品
古典絵画、絵画技術の研究を中心に活動

ロイヤルアートスクール:http://www.artschool.jp/

ワーカーズフォーラムMOC

■過去講座

◆2012.07.03
フェルメール、レンブラントの神秘
〜17世紀フランドル絵画の輝き〜

◆2012.10.16
メトロポリタン美術館展 西洋美術の変遷
~自然主義から精神のビジョンへの展開~

ページトップ