ホーム > 過去の講座 > 講座詳細
イメージ

南米パタゴニアをめぐる旅
~シーカヤックと氷河とスノーボード~

終了 こちらの講座は終了いたしました。
日 時 2011年7月7日(木)19:15~21:00
講 師 辻井 隆行(パタゴニア日本支社 支社長)
定 員 30名
場 所 パタゴニア(文化施設棟2・3F)
参加費 1,000円(ゲートシティ大崎入居企業にお勤めのWF-MOC会員の方)
1,500円(三井不動産が運営するビルにお勤めで、WF-MOCメルマガ登録の方)

2008年8月末、プロスキーヤーや山岳ガイドなど6人の仲間と共に
南米パタゴニア地方を訪れました。
シーカヤックでマゼラン海峡を漕ぎ下がり、フィヨルドの奥に位置する氷河に上陸し、
ダーウィン山脈の頂からスノーボードを滑る。
困難な目標を立てたものの、実際の旅は珍道中そのものでした。

日本から3ヶ月前に手配したシーカヤックは現地に届かず、
来る日も来る日もチリ南部の小さな港町、プンタアレーナスをさまよう日々。
しかし、そこで出会ったのはチリ人の信じられないような親切と協力でした。

この旅で手に入れたものは? 旅をする上で大切にすべきものは?
未知の世界に憧れている方、行ったことのない場所を訪れようと考えている方、
旅のあり方の一例として、ほんの少しお役に立てるかも知れません。

  • ※お飲み物・軽食付き
イメージですイメージです
イメージですイメージです
イメージですイメージです
イメージです
ワーカーズフォーラムMOC
辻井隆行

■講師プロフィール

辻井隆行

1968年  東京生まれ
1991年  日本電装(現デンソー)入社
1995年  早稲田大学大学院社会科学研究科 修士課程入学
2000年  パタゴニア入社

1993年に日本電装を退職、一年間の浪人生活を経て大学院に入学。
地球社会論を専攻(研究テーマは「日本人の自然観」)。
修士課程を修了した1997年、シーカヤック専門店
「エコマリン東京」への就職と同時にカヤックを始め、
アウトドアスポーツの世界に足を踏み入れる。

1998年夏、3ヶ月の休暇を取得してカナダ西海岸に遠征。
シーカヤックによるバンクーバー島(周囲1400km)
一周を果たすも、その間に親会社がアウトドア事業から撤退。
帰国後は、無職となり、冬は長野県でスキーパトロール、
夏はカナダでシーカヤックガイドなどをして過ごす。

1999年秋、パートタイムスタッフとしてパタゴニア渋谷ストアに
勤務。
翌年春、正社員として入社。
鎌倉ストア、マーケティング、ホールセール(卸売り)などを経て
2009年より日本支社長。

入社後も、2003年グリーンランド西海岸(45日間)、
2007年パタゴニア・フエゴ島(45日間)などに遠征し、
シーカヤックと氷河滑降を行うなど自然と親しむ。

ページトップ